タクシー求人サイトを活用してタクシードライバーになろう

新着情報

タクシーの事情について

面接

タクシードライバーとは

タクシードライバーは、簡単に言うと乗客を目的地まで運ぶ仕事になります。近年では、タクシードライバーが足りないといった問題が取り上げられており、タクシー求人が多く掲載されています。さらにタクシードライバーの環境が整いつつあるのです。もし興味があるのであればチャレンジしてみましょう。

勤務日数と労働時間

勤務日数は事実上11日から13日になります。日数は少ないですが、1日の労働時間は約18時間と長く、非常に体力のいる仕事です。しかし、残りの20日は休みになるので十分に休むことができ、自分の時間をたっぷり確保することができます。

タクシードライバーに必要な資格

タクシードライバーに必要な資格は「第二種運転免許」になります。タクシーの求人で最低限の応募条件として二種免許を所持しているということが必要になります。ただ最近多くのタクシー会社では二種免許を持っていない人でも就職できるように、免許取得のために合宿制度を設けているところがあるのです。そのため、人材不足や高齢化が叫ばれるタクシー業界では、普通免許しか持っていなくてもタクシードライバーになれる可能性は十分にあるのです。二種免許の取得方法は普通免許を取得してから3年以上が経っているということで受けることができます。そして、試験内容は標識や信号を見て把握できる視力といった適性検査をして、その後は普通の運転免許と同様に学科と技能の試験を受けます。また、一部の地域では、地理試験をクリアしないといけない場合もあります。この試験は二種免許の取得よりも難関となっているので、対策をして受けるようにしましょう。

地理試験が必要なエリア

地理試験は必要なエリアは都心部となります。試験はタクシーセンターで行われる講習を受講しなければなりません。試験期間は全4日間あり、その3日目に地理試験が行われる流れとなっています。その講習に合格することで、講習修了証と地理試験合格証が発行され、そして運転者証が交付されるのです。運転者証とは、タクシーの助手席にドライバーの名前と写真が提示されているもので、タクシードライバーとしての身分証明となります。

タクシードライバーになる前に知っておきたいこと

ドライバー

重要なポイントについて

タクシードライバーにおいて、重要なポイントをまとめたページになります。タクシードライバーに必要なものについて詳しく知りたいのであれば、ぜひこちらのページを参考にしてみてください。

READ MORE
タクシー

タクシー会社の特徴

タクシードライバーになるために就職するタクシー会社を決めますが、その際に重視するポイントによって会社が変わってきます。そのため、何を重視するかを決めた上でタクシー会社選びを行うといいでしょう。こちらのページはタクシー会社を選ぶ際にポイントについてまとめているのでチェックしてみてください。

READ MORE
広告募集中